CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMENDED

<<     明日! | main | 昨日の余韻 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
戦争の芝居というだけじゃなかった
 今日台風を縫って無事に『子どもが少国民といわれたころ』が上演されました
 
現役引退した役者の二人、学校で講演をすることになり打ち合せ

自分たちの子どものころを芝居仕立てにしようと試みますが、子どもの頃は戦争一色。
そもそもなぜ子ども達が戦争に巻き込まれていくのでしょう。

芸に年季が入っています。

興奮冷めずに交流会をしていただきました。
「芝居は自分も体験したように心が動くところがすごい」という感想が印象的でした。
ほんのちょっとした仕草に芸の深さと年輪を感じるという感想もありました。
私は、伝えていきたいことがあるという情熱を感じ、ますます活躍してほしいな、と思いました。
| 映画芝居など | comments(11) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
義母と同じ歳の方のお話ということなので、おばあちゃんの子供のころのお話だよ、と小4の息子とふたりでみせていただきました。けん玉やお手玉の技にすっげーといったあとはお芝居に引き込まれ、普段うるさい息子も無言。終わった後、教科書で習ったちいちゃんのかげおくりを思い出した。ちいちゃんもお父さん、お母さん、お兄ちゃんが死んじゃったんだと。当時の小学生は、寂しさ、怖さをこらえてがんばってたんだね、などと話しながら帰りました。
* meme * 2009/08/13 11:06 AM
memeさんコメントありがとうございますm(_)m
話しをしながら帰ってくるってすごくいいですね。
そうですか、お義母様も同じような経験をしていらっしゃるんでしょうね。だからお子さんも身近に感じたんでしょうね。
* 緑 * 2009/08/13 4:27 PM

大雨の中、行ってよかった〜!!これが素直な感想です。私は茨城に住んでいるので、当日は台風接近の影響で、大雨、そして電車の遅れ・・・・でも何となく、絶対に見ないと損をする・・という予感がして、伺いました。予感的中!!なんて素晴らしいお芝居だったのでしょう!内容は、戦争の頃の子どもたちの暮らしを伝えたいという思いがあふれていました。でも私は、他の面で、感動し続けました。お二人の役者さんが、今まで積み上げてこられた歴史のすごさが垣間見えたのです。60代後半のお二人は、声、動き、表情が刻々と変化し、小学生を演じるときには、軽やかに、生き生きと・・・お年寄りになるときには、椅子に座っただけでそのように見えるのです。今まで何十年と積み重ねられてきた努力と役者さんとしてのこだわりを感じました。そして、私もこんなふうに歳が重ねられるように、毎日を大切に生きようと、元気を沢山いただきました。もう一つ驚いたのは、この「劇団風の子」は、子供向けの劇団であるということ。子供に対しても、手を抜かず、本物を提供しようとする姿勢に大きな拍手を送りたいと思います。
 最後に、私は今、40代後半です。戦争を知らない世代です。そんな私がこの劇を観て、改めて、戦争の悲しさと、滑稽さに思いを馳せました。子供さんももちろん、観て、感じ、心に残る作品だと思いますが、私たちの世代にも沢山観ていただきたいと思いました。
* nonnon * 2009/08/14 7:58 AM
 nonnonさんコメントありがとうございました。
劇団風の子の方達が目指している事をそのまま受け止めて下さっていて、きっと皆さん喜んでいっらしゃると思います。 本当にありがとうございます。  
* 緑 * 2009/08/15 9:21 AM
お二人息のあった、味のある素晴らしいお芝居でした。戦争の愚かさ、悲惨さをユーモアを交えながら演じられ、そしてハーモニカの演奏、良かったです。何を伝えたいかということが感じられ、胸が熱くなりました。芸の厚み、深さもいろいろな場面で感じられました。何気ない動きに見えますが、訓練していなければ出せない動き、キャリアの凄さに感動しました。若い役者さんにも是非是非観て頂いて見習って欲しいですね。見終わった後に暖かさ、癒された思いが今でも残っています。ありがとうございました。これからもますますご活躍されること願っています。
* michi * 2009/08/15 3:55 PM
nonnonさんに誘っていただいて、初めてこんなに近くで見た演劇です。
miichiさんと同じく、ストーリーもさることながら、役者さんの年輪に感激です。
いつまでも、ちゃんと社会の一員として役割を踏まえて、何かを伝えていこうとする姿に感動して、勇気をいただきました。「役者さん! ちゃんといろいろなメッセージが私に届きましたよ。ありがとうございました。」
* sakura * 2009/08/15 7:31 PM
michiさんコメントありがとうございました!
所作の美しさは生き方の美しさに通じるものがあるのではないかと最近思っています。
* 緑 * 2009/08/16 8:55 AM
sakuraさんコメントありがとうございました。
役者さんも満足できた一夜であればいいなと思っています。
遠いところからほんとにありがとうございました。
[魚三]も気に入っていただけたら嬉しいです(^^)           
* 緑 * 2009/08/16 9:54 AM
ご夫婦とお子さん3人で観てくださった方の感想です。

 子どもと一緒に戦争に関する芝居等を観る機会はないので、今回はとても良い機会となりました。
 ほんの少し前はあんな時代だったんだな、それに比べ今は恵まれた時代なのに、またいろいろな問題もある。でも、今の日本は戦争がない平和な社会なんだということが何にも代えがたい幸せなことだと改めて感じました。
  
* 緑 * 2009/08/17 4:24 PM
夏休みもあっという間に終わってしまいます…
お芝居を見に行ってから2週間たってしまいました。
どんなお芝居なんだろうと思いながら子供二人と一緒に行きました。会場に入った瞬間私は親近感を感じるセットにうれしく思いました。子供は手の届くところで演じるのかと驚いたそうです。春さんが出てきた時からなんてきれいな声なんだろうと春さんに釘付け。そしてかわいらしくて(すみません…)お手玉やまりつきの時は拍手です。そして義母もよく子供にお手玉を見せてくれたことを思い出しました。義母もこのような体験をしてきたのだろうか…ふと思いました。
私はもちろん戦争体験をしていませんが、お芝居や映画や写真やいろいろ話を聞いていますのでなんとなく頭で思い描くことが出来ますが子供はどうだろうか。中学生の子はなんとなく…小学生の子はどうだったか聞いてもあまり反応がなくて…ただ今の時代で本当によかったと言っていました。本当に本当にそうだ。子供と一緒に見に行けて本当によかった。ありがとうございました。

* イーヨ * 2009/08/24 11:57 PM
イーヨさんコメントありがとうございます!

うちの子も感想聞かれても困る、みたいな感じでした。
校長先生が読み聞かせのときに、これは難しいとかあんまり思わなくてよい、子どもは何だか分らないけどすごい、ということだけは分るっておっしゃってました。
だからイーヨさんがお子さん2人連れてきてくださって本当に嬉しかったです。
戦争のない時代がずっと続くように、子ども達に分って欲しいですね。
* 緑 * 2009/08/25 6:41 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://midorikikou.jugem.jp/trackback/181
トラックバック