CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMENDED

<< 帯津良一先生の講義 | main | 子どもの猫背 2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
やっぱりどうしても気になっている子どもの姿勢
 余計なおせっかいかも、と思いながらも知らないだけなら伝えなくちゃ、と思っています。
 私もエラそうには言えないのですが、今の子たちはほとんど骨盤が後ろに傾いている猫背です・・ 
 見た目が良くないだけで別に問題ないからいいんじゃない、と思っていたら ちっちっちっさんの絵文字なのです。

’愧罎丸くなっていると内臓が圧迫されるので内臓がうまく働かない。
不自然に腰の筋肉が引き伸ばされるので、将来高い確率で腰痛になる。
へその下、丹田にエネルギーが集まらないのでスタミナがすぐ切れる。
ぅ好織潺覆切れるのでキレやすくなる。
ジ坿慇瓩盥鼎なっているので背骨の歪みが矯正できない。

 わあっ身体によくないことばっかりではないですか。
 私も,らイ泙琶えて30数年生きてしまいましたが、途中で気づいてほんとに良かったと思っています。
 子どもには早く整えて欲しいです。
 それには、股関節から折る前屈ができるようになれば良いのです。あら、そんなんでいいの?そんなんでいいんですさんの絵文字 おうちで一緒にやってみましょう。
 でもスポーツをしているお子さんは筋肉を鍛えてしまうと、矯正がなかなか大変です。是非前屈のストレッチを取り入れてくださいね。イチローは前屈ちゃんとできる、とかなんとか乗せたりして。 
 ソファの生活、ゲームの姿勢、体育座り、猫背にしたのは子どもではなく、大人の責任・・かもね。

| 整体 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://midorikikou.jugem.jp/trackback/195
トラックバック