CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMENDED

<< 気功の喜び | main | 新しい古本屋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
村上春樹 『1Q84』を読む
JUGEMテーマ:村上 春樹
 この大ベストセラー、実は一週間ほど前に読み終わっていました。
でも内容が深くて
、感想がまとまらな〜い、のです。
決して難しくなく、もうすらすらすらすら読めてしまい、こんなに読者にサービスしなくても、と思うくらいみんな好きなsex(え?違う?)描写があります。

 でも途中まで読んで本を閉じると、ああ、世の中には孤独ということが分らないくらい孤独の中に生きている人がいるんだ、と泣きたい気持ちになりました。

 2巻めに入ると、物語の世界にぐんぐん引き込まれていきます。もう途中で止められないって感じですが、一気に読むとそれはそれでもったいない。

  もっとも弱い立場の人の視点に立ち、物語は紡ぎだされていきます。

 新興宗教のことが多く書かれていますが、気功はOOム以来何となく新興宗教的に見られている気もします。
 そういう要素がある、ということを否定したら逆に危険なのかな、と思います。教示的なことは何も言ってないのにそんなことまでも感じさせてくれる本なのです。
 読んだ人と話をしてみたい気持ちです。 



 
| 本のこと | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
このコーナー好きです。読む本の参考になりまっするするめ。
* くりまん * 2009/10/08 3:13 PM
くりまんさん コメントありがとうです。

そう言っていただくと読んで書くかいがあるというものです。
* 緑 * 2009/10/08 9:50 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://midorikikou.jugem.jp/trackback/236
トラックバック