CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMENDED

<< いこいの『場』 | main | 明日のこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
手塚治虫と赤塚不二夫の娘の対談
JUGEMテーマ:お笑い

10/1号の
ビッグイシュー に手塚治虫と赤塚不二夫の娘の対談が載っていました。

二人の娘が語る父の姿に電車の中で笑いをこらえるのに必死でした。
うちの夫はこの二人の漫画家を神様みたいに思ってますが、私は手塚治虫は何となくわかるけど赤塚不二夫?そう?と思っていました。

でも、赤塚不二夫の少年時のすさまじい体験を知って、ここまでバカに徹するわけがわかりました。

「最後につじつまがあってりゃ、何やってもいいんだよ!」と言ったそうで。

これもまた〜人生♪なのだ。

 今日は張明亮先生が私たちのヒーリングステージのために来日してしてくださって朝から技能交流会。そんな朝の電車の中でした。
 張先生の話はとても深く、すぐ租借できないので、またいつか書きたいと思います。
| 本のこと | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
手塚治虫と赤塚不二夫の娘にもう一人(誰だったかな?忘れた)加えた,娘たちの話をもう1年ほど以前に?読んだ覚えがあります。赤塚不二夫は,大人になってからもいろいろな逸話がありますね。ビッグイシューと言えば,悩み事相談の本を読んでみたいと思っていて…まだ,読めていません。
* momonoki * 2009/10/25 10:26 PM
momonokiさん コメントありがとうございます!

お久しぶりでございます。
博学でいろんなことに詳しくてきっと周囲の人たちは重宝していらっしゃることと思います☆

ビッグイシューを読むとですね、私ももっと積極的に社会的な活動をしなくっちゃって勇気が湧くのです。押し付けがましくなく。
内容が濃いのに薄いから出かけたときにちょっとバッグに入れていくといいです。
* 緑 * 2009/10/26 8:00 PM
ビッグイシューは,名古屋駅付近に出かけると,交差点の所で買うことがあります。Blog左側の『火垂るの墓』のDVD写真を見ると,高校を卒業した頃に野坂昭如氏を招いた講演会を手伝ったことを思い出します。東海地区に散在する水俣病患者の掘り起こしや支援を行う(当時,若者だった私からすると)おじさん達といっしょに活動しました。
* momonoki * 2009/10/29 11:42 PM
momonokiさん コメントありがとうございます。

へえそうなんですか。講演も聞けたのですね。今はお話しも難しいみたいですね。
夫は、元気だったら話しを聞けたのになあ、と残念がっていました。
momonokiさんフットワーク軽いですね。
いろいろ教えてください。
* 緑 * 2009/10/30 12:09 AM
昨日,娘を名古屋駅に送ったときに久しぶりにビッグイシューを売るオジサンを発見!10/1日号もあったので買いました。昨日の朝日新聞の再読ガイド欄に,手塚眞著『手塚治虫 知られざる天才の苦悩』アスキー新書の紹介がありました。
本屋に立ち寄り子ども森のピアノの脇に置いてあった,益川敏英『「フラフラ」のすすめ』講談社,を手に入れてきました。小林誠/益川敏英『いっしょに考えてみようや ノーベル物理学賞のひらめき』朝日新聞社,を読んでおもしろかったので…。坂田昌一が若者を萎縮させまいとして,泥だらけの長靴をはいて研究室に入ってきた益川さんを叱らずに,自分でモップがけをしていたエピソードなどすばらしいです。また,「勉強(研究)はつねに楽しいと感じていましたか?」という質問に対して「僕は楽しいことしかやらない」と益川さん。「どうして物理学を選んだのですか」という質問に対して,益川さんは「ほかのものができなかったから…あと,英語ができなかったから」とシャープな答え。こんな科学者がボクは好きです。できない能力を意識してることで,自分にできることで勝負してスバラシイ結果を得ている。ボクの出身高校は益川さんと同じ…それで文中のローカルな話題もよくわかる(笑)。
そういえば野坂昭如の講演会の時に鮮明に覚えていること。当時,TVなどで見る野坂さんの話ぷりは,ときどきどもるような感じ…ところが,講演の野坂節は見事なアジテーション。とても話のうまい方だと強い印象を持ちました。

* momonoki * 2009/11/01 2:06 PM
momonkiさん ありがとうございます。

物理にたいして「楽しいことしかやらない」
と言えるのはスゴイですね。

できないこと、自信のないことがいっぱいでも、これは好き!というものが一つだけでもあれば道は開かれるのではないかと思うのです。

今回子どもが、あれもできないこれもできない、と言うので
じゃ、どんなときが一番楽しいの?と聞いてみたら、ちゃんとこたえが返ってきたので良かった、と思いました。

私も気功と出会ってよかった、つくづく思っています。
* 緑 * 2009/11/01 8:04 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://midorikikou.jugem.jp/trackback/243
トラックバック