CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMENDED

<< 気功とちいさな食育のつどい | main | 誕生日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
気功ってなあに?
 先日ある方に「気功ってなんだかよくわからないし偏見もあったと思うけど、ブログを読んでからへえ気功ってそういうものか、と多少理解できるようになった」と言われ、ブログの役割もけっこう大きいんだなあ、と思っている今日この頃です。(今頃気づいたの

「薬で自分を養うよりも食事で、食事で養うよりも気で」(中医学)
ということばがあるそうです。「気」というのはそれほど理解するのに重要なことだというわけです。

「気」というものを、なにか神秘的で怪しいものだと思っているとすれば、それは理解してない、ということと同じです。

「気」は吐納(とのう)ともいい、呼吸そのものを言うこともあります。
寒いときに手にハーっと息を吹きかけるのは温かい気
やけどした場所にてフーッと息を吹くのは冷気
悩んでいる時にハーッとするのはため息

みんな無意識に、本能で自分を調整しています。

気功法はその延長にあるもので、誰にでも備わっている力を磨いていくだけなのです。

生(形作られ)→老(放置され)→病(壊され)→死(消滅する)
誰でもこの過程を通っていきますが、できるだけ長持ちさせるにはどうしたらよいのかを、中国では気の遠くなるほど時間をかけて探り当てていってます。

病をもつ人が多い現代で、この方法を学ばない手はありません。

私も復習を兼ねて少しずつお伝えしていきたいと思います。



| 気功ってなあに? | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
緑さんから教えていただく気や気功についての話は、いつも素直な気持ちで聞くことが出来ます。
でも、巷の気功教室の話を小耳に挟むと何やら怪しげな気持ちになってしまうんです。
偏見なのかな〜。「あなたの気は粘っこいですね。」と言われたとか、「向かい合って気を送ったら、相手が倒れそうになった。」などなど。
初心者にはその辺がよくわかりませ〜ん。
* minmin * 2009/11/02 11:53 PM
minminさん おはようございます!

「気」にたいして全く無防備なときに使う言葉があると、私は思っています。

minminさんが言われたことは、小さな子どもに自分がわかったつもりになっていることを自慢しているようなもので、発言する人の人間性に問題がるあるような・・。

気功だけけでなく、そうして自分を保っている人がたくさんいますよね。

それはそれでいいと思う(というかしょうがない、それで自分を支えているのだから)のですが、私が目指していることとは違うなと思います。

私も精進しまっす(^^)!

* 緑 * 2009/11/03 7:25 AM
よくも悪くもブログの影響力は大きいですよね。
わたしも常にそれは感じます。

先日、免疫学の権威の先生のかかれた本をたまたま読んでいると、やはり緑さんがおっしゃるようなことが書かれていました。長生きしたいなら深く呼吸をしなさい・・・と。
呼吸と気と健康と長生き・・・・
全部同一線上ですね。なんと、末期がんのかたでも、呼吸を意識することでかなりの確立で治癒できるそうで・・・。
たしかに、一日の中で少しでも『気』を意識する時間をもてれば、きっとイライラやストレスもぐんと下がるはず。そうすれば長生きできそうですよね。
* 森の管理人 * 2009/11/03 11:56 PM
森の管理人さん おはようございます!

今日もそちらは寒く空気が澄んでいるんでしょうね。

そうそう、呼吸と気と健康と長生きみんな同一線上なんですね。

感情も呼吸ですごく変ります。
その辺、また整理してお伝えしたいと思っているんです。

今日もいい一日になりますように☆
* 緑 * 2009/11/04 7:45 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://midorikikou.jugem.jp/trackback/267
トラックバック