CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMENDED

<< 新しい家族 | main | 保育士と保護者の劇場 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
気功ってなあに 3つの柱
 気功には
形(けい)=身体
気(き)=呼吸
神(しん)=心(魂)

という3つの柱があります
その呼び方はいくつかありますが意味は多分同じだと思います。 
はじめは形から学びます。
神(心)から入ることもありますが、土台の肉体ができていなくて神(心)から入ると、自分自身のコントロールが難しくなります。
土台も家もちゃんとできていないのに内装している感じ。

形と気を学び、神(心)にいたるまでに、肉体が元気になることができます。 
道のりの過程で肉体が元気になっているということで、元気になることが目的ではないということが、だんだん分ってきます。

でも、あまり難しく考えなくても、やっていてああ気持ちがいいなあ、楽しいなあ、と思えることが一番大切なことかもしれません。
| 気功ってなあに? | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
気功がなにかとてもよくわかりました。
納得できますね。現代人には絶対に必要なことだと思います。
また機会があれば、緑さんが気功にたどりついたご縁のお話を聞かせてくださいね。
* 森の管理人 * 2009/11/07 2:31 AM
森の管理人さん おはようございます。

一段と寒くなりましたね。
お忙しい日々を送られていることと思います。

自分の頭で理解していることを文章化することって難しいです。わかっていただけてとっても嬉しいです!
私も、今とっても必要なことじゃないかと思うのです。

またゆっくりお話ししたいですね。
今日もよい一日を♪
* 緑 * 2009/11/07 7:09 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://midorikikou.jugem.jp/trackback/271
トラックバック