CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMENDED

<< 生きることの悲しみ | main | 帯津良一先生を囲んで忘年会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
トシのはなし
 整体のお客さまに
「あなたのお父さんはおいくつで亡くなったの?」と聞かれました。

私「80歳です。」

その人「そう、若かったのねえ。」

私「そ、そうですか、ねえ。」

その人「そうよ、だって私来年80よ。」

私「それもそうですね

そうか、80歳というのは若いんだ。
気功の外山美恵子先生はいつも「私より年下の人はみんな若い人」とおっしゃっています。
元気であれば、歳なんてなんてこともないものなのかもしれません。
| 気功 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
トシの捉え方で、前向きにも後ろ向きにもなりますね。
きもちが若ければ、心も体もきっと若い・・・・はず。
ということですよね。私も最近腹のだぶつきをみながら、もう20代じゃないからな・・・しょうがないか・・・と勝手に思っていましたが、まったくの誤解ですね。
* 森の管理人 * 2009/12/10 9:21 AM
森の管理人さん こんばんは

帯津先生は身体がまんまるですが、「メタボなんて余計なお世話だ」と言ってます。
命のエネルギーを高めるのは高い志を持つことだそうです。森の皆さんならきっと若々しくいられるはずだと思いますよ。
* 緑 * 2009/12/10 10:05 PM
高い志っていい言葉ですね/久しぶりに思い出しました。私もそれでいこう^^/
* 雷地 * 2009/12/10 11:31 PM
番地さん おはようございます☆

そうそう私も 高い志 ということばを新鮮に感じるほど聞いていませんでした。

今日もいい一日になりますように♪
* 緑 * 2009/12/11 6:19 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://midorikikou.jugem.jp/trackback/302
トラックバック