CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMENDED

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
子どもに会いに
091023_210043.jpg
山村留学先に来ています。
星の写真を撮りたかったのですが…写したら真っ暗。

11時の流星群を楽しみにしてます。

子がいない食堂で。
| 子育て | comments(0) | trackbacks(0) |
子は育つ
JUGEMテーマ:子供達との記憶
  子ども不在の生活がずっと続いていて、夫婦で老後生活の予行練習みたいなことになっていました。
 
 子どもが帰ってきても、もう親といるよりも友だちといることのほうが重要らしく、早速連絡とって遊びに行ってしまいました

 家に子どもがいると、それだけで家の中が明るくなります。

 仕事も忙しいし、自分のことにもっと時間が欲しい、と思っている方も沢山いらっしゃると思いますが、子どもといられるのは本当に短い時間です。
 私も子どもといる今のこのひとときを大切にしたいです。

 
| 子育て | comments(0) | trackbacks(0) |
秋晴れ運動会 組体操

 
今日は子どもの山村留学先の運動会でした。校庭広い!子ども少ない!

みんな上手なんですよ。

た、竹ざおを何に、と思ったら、こんな風にも

こんな風にも使っていました。

子どもが少ないのでこの学校は4年生から6年生まで組体操をやります。

これ私もやりました。いっつも一番下で重いうえに目立たない思い出。

よく見えないですが、4段タワーですね。きれいでした。

運動会で泣くなんて親になるまで思いませんでした。でも家では文句ばっかり言っている子どもが、なんか黙々と一生懸命力を合わせている姿は泣けた
校長先生も泣けてしょうがない、とおっしゃっていました。
親心、ありがたく思いました。
| 子育て | comments(8) | trackbacks(0) |
夏のキャンプ
  今日から、子どもがお世話になった神愛保育園が主催する2泊3日の卒園児キャンプです。
 保育園の保育士から大人になった卒園児や関わったボランティアのかたたちで支えてくださっているこのキャンプを子どもは毎年とても楽しみにしています。
 ところが数年前は100人近かった子どもたちが最近随分減ってきました。在園児がいる親に理由を聞いてみたら、虫や自然が苦手な子と親が増えているらしい、とのことでした。
 もし虫が苦手だったり蚊に刺されてめげている子が多いとしたら、なんだかとってももったいないなと思います。
 ダンゴ虫は私も苦手ですが、子どもはみんな好きでした。
 世の中人だけが生きているのではないのだ、とキャンプは教えてくれると思うんですけどね。
 
| 子育て | comments(0) | trackbacks(0) |
エメラルドの川

  山村留学先の子どもの学校の親子レクリエーションで、うぐい川という川へ遊びに行きました。

エメラルドグリーンとはこのことです。水はどこまでも透明ですが岸からみるとこんな色をしています。

水がかなり冷たいのですが、地元の子どもたちは本当によく遊んでいました。

何がいるんですかね

おやおや

温かいトン汁おいしかったです。

採れたてきゅうり王子とお世話になってるお姉さん。王子のシャッターチャンスに合わせていたら(なかなか撮らせてくれない)お姉さんの目が切れてしまいました。
ごめんなさい!

すてきな休日をありがとうございました

自然に触れて子どもと過ごして気持ちがふんわりしています。


 

| 子育て | comments(0) | trackbacks(0) |
子どもの気持ち
  先日子どもの教科書やノートを整理していたら、子どもの作った俳句が書いてありました。
「お正月 おせち料理は もらいもの」 
・・・家庭生活しっかりバレてました。

 一年生の時、初めて習った一という漢字を使って作った文は
「一けんやにすんでみたい」 でした。

 保育園のノートにはこんなのもありました。私の頭を見て怖そうに
「ママ!髪が頭に刺さってる!」

 最近では(といっても3月頃ですが)
「ねえ、かっぱの雨乞いっていう話知ってる?」と聞くので
「どんな話?」と聞き返したら
「やだ、話したくない、口がめんどくさいって言ってる」

 子どもは小さいうちがかわいいです。
| 子育て | comments(4) | trackbacks(0) |
修学旅行の子どもに会いに・・
  山村留学している子どもが修学旅行で東京に出てきました。上野、浅草、東京タワー・・これほぼ地元です。
 子どもに会う楽しみとは別に、山奥の子どもたちと都会真っ只中で会うとはどんなものなんだろう、と思いました。夜8時に渋谷のエクセル東急ホテルにいるということでいそいそと会いにでかけました。(なぜ渋谷なんだろう?)
 昨日は暑かったですね。山とは気温が20度違うと校長先生がおっしゃっていました。子どもたちはハードスケジュールの疲れも見せず、興奮しすぎている風でもなく、以前留学していた子も訪ねてきて、穏やかに楽しげに私には見えました。ほんの少し垣間見ただけの夫も「みんな素直で先生やりやすいだろうな」なんて変な感想を述べていました。
 私は携帯の電池は切れ、デジカメも忘れ「写真が撮れない〜」などとぼやいていたら「ママ大丈夫だよ、カメラは班ごとにあるしみんないっぱい撮ってるから」となぐさめられてしまいました。
「ママ〜!!」と、ひしっと抱き合うことはないだろうとは思っていましたが、私に気遣うそぶりを見せるなんて。子どもって親から旅立っていくものなんですね。頼られているうちが花だった・・・。
 今朝もまたホテルまで見送りに行きました。手を振ってさりげなく別れました。う〜ん、なんだか空しい。親離れって空しい。
| 子育て | comments(6) | trackbacks(0) |
子どもの瞑想(呼吸法)
 先日行ってきた子どもの山村留学先。雑談の中でスタッフの方が「何か始める前に気持ちを集中させる瞑想のようなことができたら」ということを話されました。 そこで、かねてから提案したいと思っていた正座(結跏趺坐)での呼吸法のことを話しましたら早速取り入れてくださいました。
 やり方は、座って背筋をまっすぐにして軽く目を閉じ、手は右と左の(陰と陽)バランスをとるために定印(じょういん)を組み、自分の呼吸を観察する、というだけです。
 姿勢を正して静かに呼吸をしていると、心がゼロに近づきます。ゼロの状態というのは余計な事を考えないので集中力が高まるのです。
 始めは大人でも正座がきつかったり眠くなったり頭がふらふらしてきます。
 でも子どもたちは初めてとは思えないくらい上手でした。4年生の女の子も中学生の男の子も15分ほど静かに座っていました。
 こどもたちの清らかなエネルギーと山奥の深い自然を感じ、いい時間を過ごさせていただきました。
| 子育て | comments(0) | trackbacks(0) |
山村留学
 山村留学している子どもに会いに行ってきました。
 夜、学校の先生の歓迎会に出席しました。温かく和やかな雰囲気で郷土料理をいただきました。

花がたくさん咲いていて、その花を花瓶に飾ってあり、とてもきれいでした


今日はあいにくの雨。


子どもたちは手紙を書いたり、本を読んだり、宿題をしたり。新聞の切り抜きをしている子もいました。

さっき会ったばかりなのに、帰ってきたら、もう会いたくなっている親バカです。

 
| 子育て | comments(0) | trackbacks(0) |
子どものいない生活
 気功では何事にも執着しない、ということが修行のひとつです。
 子どもに執着しない、というのはやってみるととても難しいです。 子どもを心配するのは親心で当然なんです。なにがいけないの?て感じです。
 でも、子どもに執着して大変な事になっている家族がいるのも事実です。親が無意識に子どもの成長を妨げているのです。母性には深く包み込むという面と、飲み込んでしまう、という面があります。
 子どもの幸せを祈りながらわが道を行く、ということができたら・・。
 山村留学している子どもの参観日がもうすぐで、子どもに会える嬉しさで、うきうきしてしまうのです。
| 子育て | comments(2) | trackbacks(0) |
<< / 2/4PAGES / >>